建築士を目指しているのであれば、一体どのくらい稼げるのかも知っておいた方がいいでしょう。 では、建築士の年収はどのくらいなのでしょうか? 建築士の年収は、約580万円だといわれています。 平均月収は約41万円ですから、他の職業よりも給料が高いです。 ただ、この年収や月収はあくまでも一級建築士のものなので、二級建築士だとこれ以下になると思ってください。 そして、勤めている会社によっても異なります。 中小企業だと年収500万円前後というところが多く、大手企業だと600万円から800万円といったところが多いです。 それに、独立開業すれば、年収1000万円や2000万円というのも夢ではありません。 しかし、独立すると、年収200万円から300万になってしまうケースもあります。 将来的に、独立するのか、それとも、このまま企業に所属し続けるのか、自分にとってどちらがいいのか、考える時期がやがて訪れるはずです。 どちらにしても、最初は企業に就職して、そこで経験を積んでからでないと独立は難しいでしょう。